積水樹脂株式会社:橋梁用ビーム型防護柵・高欄

  • 橋梁用ビーム型防護柵・高欄製品 図面ダウンロード
  • 橋梁用ビーム型防護柵・高欄製品をご検討のお客様
お知らせ
  • 技術資料
  • 道路拡幅工法と 橋梁用防護柵製品のご提案、ブリッジプラスアルファ + ビューレイルKSタイプ

ビューレイルシリーズ

ビューレイルシリーズの施工実績

  • 特長

    1.適切な支柱強度により地覆への負荷を低減

    アンカーボルトに掛かる負荷を低減させ、橋梁補修物件に適した仕様を実現しました。

    図:アンカーボルトに掛かる負荷を低減させ、橋梁補修物件に適した仕様

    2.狭小地覆への対応力アップ(KSタイプ FAタイプ・FWタイプ+TSタイプ)

    狭小地覆に適した様々な品揃えを行なっております。

    ■地覆幅500mmの場合

    1.狭小地覆タイプ(KSタイプ)
    ※KSタイプは、アンカーボルト埋込仕様のみの対応となります。

    地覆幅500mm、アンカー埋込深さ250mmにて、建築限界(250mm)を確保した設置が可能です。 歩車道境界部への設置に最適です。

    狭小地覆タイプ(KSタイプ)
    ■地覆幅500mm未満の場合

    2.フロントアンカータイプ(FAタイプ)・フロントアンカーワイドベースタイプ(FWタイプ)

    狭小地覆に対して、地覆前面から主要横梁までの距離を確保するのに有利なタイプです。地覆幅500mm未満の地覆での設置に最適です。アンカーボルト埋込み仕様の場合はFAタイプ、後施工アンカー仕様の場合はFWタイプをご使用ください。FW仕様は、鉄筋回避仕様となっています。

    フロントアンカータイプ(FAタイプ)・フロントアンカーワイドベースタイプ(FWタイプ)
    ■狭小地覆タイプを使用する場合の注意事項(TSタイプ使用の場合)
    ■狭小地覆タイプを使用する場合の注意事項(TSタイプ使用の場合)

    地覆前面から主要横梁前面までの距離が250mm確保できない場合で、 橋梁用ビーム型防護柵高さ850mmで、路面からの高さ1100mmを確保する場合は、 道路面から主要横梁上端までの高さが1000mm以下のTSタイプを使用ください。

    ■ベースプレート仕様と設置地覆への推奨タイプ

    ベースプレート仕様

    ■橋梁用ビーム型防護柵を設置する場合のベースプレートの仕様と推奨タイプ
    ■地覆前面から主要横梁前面までの寸法A
    地覆前面から主要横梁前面までの寸法A

    3.鉄筋回避仕様を標準化(WBタイプ・FWタイプ)

    後施工アンカーでの設置の場合の地覆鉄筋を回避する鉄筋回避仕様を標準化しています。

    鉄筋回避仕様を標準化(WBタイプ・FWタイプ)

    4.大型スワレ反射体を標準装備(ø41.3)

    写真:大型スワレ反射体を標準装備
    スワレフレックス反射体(スワロフスキー社製)の特長
    • 精密な特殊ガラス材を使用。受けた光を的確に反射する独自の球形状は再帰反射性能に優れ、カーブ地点などにおいても広範囲からの視認性に優れています。
    • 反射材は球形のガラスビーズにより、キズや汚れに強くクリスタルな輝きを長く保持します。
    写真:大型スワレ反射体

    5.景観性や安全性に配慮したオプション品
    (ボルトキャップ・アンカーボルトキャップ)

    景観性や歩行者の安全性向上が図れます。アンカーボルトキャップはボルト設置後にも取付可能です。

    6.夜間の安全性をアップするオプション品
    (エンドフラッシュ・再帰反射ビーム)

    エンドフラッシュ
    発光端末による夜間安全機能(A・B・C種対応)

    エンドフラッシュは、防護柵端末への衝突事故防止を目的としたオプションです。 太陽電池により高輝度LEDを点滅して、ドライバーに注意を促します。

    • 橋梁における車両用ビーム型防護柵の端末部で発光することでドライバーに対して衝突事故、凍結時のスリップ事故などへの注意を促します。
    • 夜間、遠くからは6ヶの高輝度LEDの点滅発光で注意喚起し、近距離ではφ80の再帰反射レンズがヘッドライトの光を反射します。
    • 太陽電池を使用していますので、配線は不要です。ボルト(いたずら防止仕様)により簡単に取付けることが できます。
    エンドフラッシュが取付け可能な条件
    1. 主要横梁サイズφ139.8×3.5、φ139.8×6.0
    2. 親柱が設置されていない橋梁
    3. 歩道のない地覆:歩道上に設置する、H=1000タイプへの取付けは安全上ご遠慮ください。
    エンドフラッシュ
    • エンドフラッシュは現場取付けです。
    • エンドフラッシュ取付け用の横梁は、特注になります。
    再帰反射塗装

    車両のライトでビームが浮かび上がり、視認が容易です。カーブでは線形が確認しやすく、視線誘導効果により事故防止などの安全に貢献します。

    Netis

PageTop

図面ダウンロードバナ−